司法書士プロフィール/埼玉司法書士相続相談室

 (運営元)
 埼玉県/ふじみ野・川越の矢口司法書士事務所

 代表司法書士 矢 口 文 也(やぐち ふみや)

   埼玉司法書士会所属 登録番号 第1069号

   簡裁訴訟代理関係業務認定番号 第601577号

  昭和52年 埼玉県川越市生まれ

          川越市立南古谷小学校卒業

          川越市立南古谷中学校卒業

          西武学園文理高等学校卒業

          専修大学経済学部経済学科卒業

  大学卒業後、日本マクドナルド株式会社入社

          法律関係の職業に興味を持ち、5年間勤務したのち退職

          退職後約1年間、司法書士試験の勉強に専念。

  平成17年 司法書士試験合格

          合格と同時に、さいたま市の司法書士事務所に勤務

  平成18年 司法書士登録

  平成19年 簡裁訴訟代理関係業務認定取得

  平成21年6月 独立開業のため勤務していた事務所を退職

          相続・贈与・売買などの不動産登記業務

          会社設立などの商業・法人登記業務

          債務整理・過払い請求業務など

          司法書士業務全般について幅広く経験を積みました

  平成21年7月 埼玉県ふじみ野市で独立開業

司法書士ご挨拶/埼玉司法書士相続相談室

 この度は、「埼玉司法書士相続相談室」のホームページにお越し頂き、誠にありがとうございます。当相談室を運営している司法書士の矢口文也と申します。

 簡単ではございますが、私の司法書士の仕事に対する考え方や、ご依頼頂くお客様への思いなどを述べさせて頂きたいと思います。

 

 司法書士など「〇〇士」と名の付く専門家に対する一般のお客様のイメージは、

  「敷居が高い」「気軽に相談できる感じではない」
  「こんな事相談しても相手にしてくれなそう」

 など、まだまだ身近な存在ではないと思います。

  私も司法書士になる前は、法律とは無縁の仕事をしていましたから、皆さんと同じイメージを持っていましたし、「なんか怖そうだなぁ〜」なんて事も思っていました。

 だから自分が司法書士になったからには、そのようなイメージを変えたいと思っています。

 

 私の以前の仕事はサービス業ですが、司法書士も一種のサービス業です。

 ご依頼頂いたお客様が、できるだけ利用しやすく、いかに満足してもらえるかが重要だと思っています。

 相続による不動産の名義変更(相続登記)など、登記手続きは誰がやっても結果は同じですが、最後の登記申請に至るまでの過程では、依頼する司法書士によってお客様の満足度は少し変わってくるのではないかと思います。

 「ちょっとわからない事があったけど聞ける雰囲気じゃなかった」
 「もっとわかりやすい説明をしてほしかった」
 「途中経過の連絡が全くなくて不安だった」

などは、お客様からよく聞く言葉です。

 相続登記自体は問題なく終わったとしても、お客様からこのような不満が出るようでは、サービス業としてはやっぱり失格ですよね。

 実際のところご依頼頂いたお客様に司法書士ができるサービスは、ほんの少ししかないかもしれません。でもそのほんの少しの事でも、「できることはやろう!」というのが当相談室の思いです。

 具体的には、「埼玉司法書士相続相談室の特徴」をご覧下さい。

 

 当相談室は小規模な司法書士事務所です。小規模だからこそお客様お一人ごとにきめ細かいサービスができると思っています。

 また、お客様と顔を合わせてじっくりお話することができるので、私自身がとてもやりがいを感じています。

 

 「司法書士になったら、こんな風に仕事がしたい!」という思いを、まだまだ形にしている最中ですが、これからもより良いサービスが提供できるようにがんばってまいります!

 皆さんもお気軽にご連絡下さい! 

▼▼ お問合せ・お申込はこちら ▼▼
TEL : 049-293-1798
電話受付時間 : 原則平日9:00〜19:00(土日もお電話の対応はできます。)

メールでのお問合せはこちらから(24時間受付)